中高生ご利用イメージ

中学生になると電車通学や通塾、少し離れた習い事へ1人で電車に乗って通うケースが増えてきます。
塾や部活で遅くなることも多く、行動範囲が広がることで親にとって不安や心配が増えてきます。

行動範囲が広がることへの不安と心配

中学生や高校生であれば1人で電車に乗っても大丈夫!そう思っていても いざ我が子がその状況になると意外に不安や心配は尽きないものです。

この年齢になると携帯電話の所有率も高くなりますが、交友範囲も広くなり思うように連絡が取れないことも出てくるでしょう。
そんな思春期の子どもでも、まもレールは通過したことをメールで確認でき、干渉しすぎることなく見守ることができます。

Suicaから届く、“だいじょうぶ”のメッセージ

1
「駅に着いた!」をメールでお知らせ

自宅の「最寄り駅」、目的地の「降車駅」など、改札通過時の情報のみをメールでお知らせるため、居場所を常に特定されている束縛感もなく、適切な距離感で見守ることができます。

2
改札を通過するだけで帰宅時間の目安をお知らせ

友達や自分の時間を大切にするこの時期、親にメールをしなくてはいけないという義務感がストレスになることもあります。

親側も子どもから連絡がないことで不安や心配でイライラし、余計な衝突が増えることも。
そんな時“まもレール”は改札を通過するだけで帰宅時間の目安を確認することができるので心配や不安を取り除いてくれます。

3
残額が分かるのでチャージのタイミングもバッチリ

改札通過通知だけではなく、チャージ残額もメールでお知らせします。
残額を見える化することで、残額不足になる前にチャージすることができます。

4
もしものときもあんしん

塾の通知メールが届かなかったり、携帯電話を忘れてしまった時でも改札を通過するだけで通知されるため、おおよその居場所を伝えることができます。

思春期だからこそ、信頼しあえる関係づくり

小学生〜中高生にもなると、子どもは思春期と呼ばれる時期に突入してきます。
親からの言葉が、「自分を責めている」「干渉されている」と感じると、余計に心を閉ざしてしまいます。

この時期の子どもは成長と共に自立しようとしています。
そんな子どもの行動を信頼し、距離感を持って見守ることが大切です。

まもレールは、子どもの“信頼してほしい”という気持ちと、親の“信頼したい、けれど不安”という気持ちに応えるために誕生しました。

何も分からないと心配や不安が膨らみ、子どもを問い詰めてしまうこともあるかもしれません。
そんな時Suicaから届く「だいじょうぶ」のメッセージが不安や心配を取り除き、親子の成長をサポートします。

こんな言葉掛け

  • 最近遅いけど、大丈夫?何か困っていることはない?
  • 最近遅いけど、部活(勉強)大変だね。無理しないようにね。
  • 困っていることがあったら何でも相談してね。

~子どもを心配し、気遣う言葉がけ~

NGワード

  • 何で今日、●●駅に行ってたの?
  • 何で、ここまで●時間もかかってるの?

~行動を監視をしているような声掛け~